So-net無料ブログ作成

全くの勘違い。なんて日だ!! [雑感]

小田急線、新百合ヶ丘駅にあるイトーヨーカドーは駐車場から出庫する時は螺旋のスロープを回りながら下ります。急な上に狭いので少しスピードが出ると車の先端をぶっつける人がいるのでしょう、側壁の所々に擦れた痕が見られます。
何だかんだと言い訳をして、たまにしかウォーキングをしない妻を含めたオバさん三人組ですが正月で体重が増えたと言いながら新年会だけはしっかりやりました。その中の一人Aさんが
ヨーカドーからの帰り、螺旋のスロープを下りてきたのですが曲がり切れず、このまま進めば先端がぶつかると一旦停車したそうです。さてどうしたものか考えていると突然ひらめきました。
「そうだ、軽自動車だから前の部分を持ち上げて方向を変えれば良いじゃない~」
軽自動車は名前の通り軽い車と勘違いしたのか、やってみましたがビクともしません。
しっかり溜めこんだ脂肪太りの体でも、そりゃ無理と言うもんです。

s006lin.gif


「マウスを乗せると画像が変わります」
人間も猫も太ると健康に悪いのは同じです。 獣医から痩せるよう言われ、ダイエット食にし量も減らしたお陰か風太が痩せたように見えます。 「最近、風太の顔が細くなって顎が尖ってきたね」とオヤジの言葉に 「そう言えば、お腹周りが細くなったかも~」と妻の顔がほころびます。 抱き上げて見ると確かに以前より軽くなった気がします。
さて1月はワクチン接種。 風太は毛が少し油っぽい感触で、おまけにベッドを共にしている息子が○ンチ臭いとうるさいのです。寒い冬に気の毒とは思いましたが病院にも行く事ですし、そこでオヤジが悪者になりました。普段も家族にやられっ放しの風太はシャンプー時も噛みついたり引掻かいたりしませんが、鳴き声がけたたましく半端じゃありません。お隣さんが警察に通報しなければ良いのですが・・・。 そして次の日、当然車中では鳴き叫びます。それも病院に近づくにつれ大きくなる念の入れよう。まずは体重測定、どれぐらい減っているか期待を込めて体重計に乗せると、6.4kgだった体重が・・・・・何となんと逆に300g増えていました。 暴れる、鳴き叫ぶ、阿鼻叫喚の中で、診察と注射を慌ただしく終えると獣医さんもぐったりの態。 あれだけダイエットを頑張ってきたのに・・・頭を巡るのは<バイキング小峠> 思わず叫びました・・・・「なんて日だ!!」
汗.jpg
「シャワーを浴びた後の毛づくろいが、また一仕事です」

2014.02.03

nice!(11)  コメント(11) 
共通テーマ:ペット

2014年新年のご挨拶 [雑感]

あけましておめでとうございます。
平穏で穏やかな正月を迎える事が出来ました。皆様、如何お過ごしでしょうか?
正月は初詣と実家の挨拶以外は「食っちゃ寝、食っちゃ寝」で猫になったような毎日を実感しております。
・・・と言いますか猫と言うより豚になってしまわないか心配です。
昨年は飼い主にやられ放題、全く抵抗の出来なかったビビリの風太も男らしく強いメッーセージを発してくれました。
このままでは沽券に係ると今年は<引っ掻き、噛みつき>と猫の意地を見せてくれる事でしょう。
どうぞ今年もよろしくお願い致します。

「マウスを乗せると画像が変わります」

オヤジ「ふん、目標が聞いて呆れるわィ!」


2014.1.3
nice!(16)  コメント(22) 
共通テーマ:ペット

歳の瀬はなぜか忙しい・・・心を亡くさないで! [雑感]

1億円の家を買って、海外旅行をして、この際高級外車も買いましょう。それでも毎月1000万使って30年は暮らしていけます。そんな夢のような話は夢に終わりました。歳のせいか、多忙のせいか年末じゃんぼ宝くじを買うのをすっかり忘れました。因みにじゃんぼ宝くじの当選確率は1000万分の1、サッカーのtotoBIGは480万分の1といわれます。宝くじを毎回3万円、0歳から100歳まで買い続けても99.9%の人が当選しないらしい。それでも6億円の夢を見たいのが人情、買わないと絶対に当選はしません。
何事も「やらないで後悔するより、やって後悔する方がマシ」

さて先生も走る師走。仕事を終えてスーツ姿に皮靴、カバンのいでたちで駐車場まで走りに走りました。歩くと15分強でかなり遠いのです。駐車券を車に置きっ放し、おまけに入場した正確な時間を憶えていない。でも1時間毎にお金が上がります。走れば5時間以内に収まるのではと歩道橋を駆け上がり、横断歩道を斜めに突っ切り、息を切らして精算機に駐車券を入れると
「料金は1200円です。現金かサービス券を・・・・」と虚しい機械音
何と何と5時間を2分過ぎていました。だったらゆっくり歩いて来た方が良かった。もっとも1時間超過で200円しか違わないので、宝くじの6億円と余りに違い過ぎるセコイ話です。

次は少し豪華な話。銀座4丁目三越デパート裏にあるレストランでの忘年会に招待されました。
少しは名の知れたシェフの料理と言う事らしいですが、飲めもしないのにワインで酔って、料理の味も不明、写真もピンボケ・ブレや撮り忘れと忘年会ならぬ亡念会でした。

料理0.jpg


s006lin.gif

風太にささやかなクリスマスプレゼントしました。余りの嬉しさに我忘れ、そのはしゃぎようは半端じゃありません。買ってやって良かったとつくづく思いました。人間はこれほど喜びませんから・・・



しかし喜んではしゃぎ回った後の虚脱感は何でしょう。挙句、猫を棚にあげておいて、ボヤく事ボヤく事。まるでスマホを買って欲しかったように聞こえるのですが、どう言う事でしょうか風太!!

風太ボヤキ1.jpg



2013.12.25

nice!(14)  コメント(19) 
共通テーマ:ペット

誤表示だって?ダメダメ何事も偽装はいけません! [雑感]

一ケ月前の30度超す暑さも忘却の日々、すっかり秋も深まり暖房が恋しい季節になりました。
気持ちとは裏腹、体は正直なもので寒さに備えて脂肪を蓄えようとします。また何を食べても美味しくて気が付くと腹が一周りも二周りも大きくなっている自分に愕然とします。
近所のおばさんと妻の3人組はダイエットの為にウォーキングをしていますが
「今日は木枯らし一号が吹いたので止めよう」とか
「明日は友達と飲み会だから歩けない」などノー・ウォーキング・デーがとても多いのです。
『 ウォーキング 万歩計を 手で揺らす 』
『 歩行後に 飲む生ビールで 腹が出る 』
『 歩くより 話す時間が 長すぎて 』
『 農道で 踏んだ感触 猛ダッシュ 』
『 暗闇を 歩く姿を 怖がられ 』

さて世間では一流ホテルやデパートの詐欺まがい食材表示偽装で「謝罪の王様」の大安売り。土下座まではなかったですが、連日TVで企業トップの謝罪が繰りひろげられました。
「牛ロースステーキ」が牛脂注入加工牛、「和牛もも肉のサラダ」が外国産牛肉、「フランス産フォアグラ」が他の欧州産フォアグラ、「車海老」が「ブラックタイガー」、「芝エビ」が「バナメイエビ」、「伊勢海老」が「ロブスター」だった等書き出したらキリがありません。
偽装と言えば、これまたキャスターや俳優を含めカツラを使用している男性芸能人が多いと聞きます。最近の液晶TVの性能は優れているので自毛とカツラの境目がなんとなく判ります。TVや映画を見る時、困った事に髪の毛を注視し過ぎて台詞や演技は二の次、どんなストーリーだったか憶えていません。さらに寝る時はどうするのだろう?宅急便が来た時は?さぞ夏は暑いだろうなと余計な心配でキリがありません。なぜかカツラにはつい反応してしまいます。
そんな偽装の世界で信じられるのは自作の農産物です。試しに買ったシイタケの原木ですが、次から次に生える事生える事、国内産で新鮮で無農薬。しかしシイタケ料理も飽きました。

買って1週間経った時に生えてきた状態で大小のシイタケが密集しています。
IMG_0039_0.jpg

一回目を収穫し、原木を暫く水に浸けて一週間ほど経った状態です。小さいシイタケを間引いた為に7cm位の大きいシイタケが生えてきました。
IMG_0048_0.jpg

IMG_0046_0.jpg

s006lin.gif


ダイエットさせている風太の腹周りも気になります。当家に来た当初は一気に食べてドンドン肥っていきました。ダイエット食に変え量も減らし少しスリムになったと感じますが、果たして・・・47cmから46cmに減って、微妙だなァ~



2013.11.18
nice!(18)  コメント(19) 
共通テーマ:ペット

猫の恩返し [ペット]

11月になり急に寒さを感じるようになりました。つい先頃まで暑い!暑い!と言っていたのが嘘のようです。当家の猫、風太は短毛で寒さに弱いのではと危惧した息子が防寒着を買ってきました。背中に被せるチャンチャンコで胸の処で紐を縛って着せます
予想通り、チャンチャンコを嫌がってすぐに脱ぎます。そこでまた着せる、また脱ぐ、また着せるの繰り返し。もともと従順な?臆病で抵抗しない?性格ですから着せるのに苦労はしません。
チャンチャンコの風太.jpg

夜中、妻がチャンチャンコを着せた風太を抱いて寝室に連れて来ました。
風太は自ら寝室に来ると朝まで寝ていますが、人間が連れて来てもすぐに出ていきます。
案の定、布団の上で「イヤだ~。出せ~出せ!」と猛烈に鳴いて抗議します。そこでお腹を触ったり首を撫でたりしていると大人しくなりました。このまま寝るかなと勝手な思い。
しばらくして風太は足元に移動しました。突然ガサガサと前足で畳を引っ掻く音がしたのです。
「えっ、何してる?」妻が飛び起きました。薄暗いライトの中、目を凝らして見ると
オヤジの布団の上にタップリと水たまりらしい拡がりがあるではありませんか。
「あっ、おしっこだ!」
「やられたよ!だから無理に連れてくるなと言っただろう!!」
チャンチャンコを着せられ動くに動けず、我慢していたおしっこを漏らしたのでしょう。

それからがまた大変でした。
腹や足がおしっこで濡れていた風太を抱きかかえ風呂場に直行。。シャンプーしてシャワーをかけ、タオルで拭きドライヤーをかけ、それはそれは大騒動!夜中にやる事ではありません。
<寒いだろう>とチャンチャンコを着せられた事も、<寒いだろう>と寝室に連れて来られた事も風太にとって迷惑千万だったのです。しっかり猫の恩返しを、イヤ仕返し倍返しをされました。


えっ、何? 寝転んだり回転しなくても、しっかり脱げるんじゃないですか!

2013.11.03
nice!(14)  コメント(15) 
共通テーマ:ペット

びっくりしたなぁ~もう! [雑感]

驚く話、その1

妻が以前勤めていた病院のスタッフと久し振りに会って飲み会をした時に聞いた話です。
「そうそう、この前熊に噛まれた患者さんが来たのよ~」
「えっ~、川崎に熊が出たの?」
自然豊かとは言え、とうとう川崎にも熊が出たのかと驚いた妻でしたが、よく聞くと
その患者さんは長野に旅行に行きトレッキングでお昼を食べている時、突然飛び出て来た仔熊に左腕を噛まれたらしい。おまけに少し離れた処に親熊がいて、その様子を見ていたと言うのです。長野の病院で傷口にチューブを付けられ、その傷の手当てに川崎の病院に訪れたと言うのが真相です。仔熊とは言え野生動物の口内は雑菌だらけですから傷口を縫合せずにチューブを付けて毒(膿)を体外に出すそうです。
犬や猫にも口内にカプノサイトファーガ属菌がいて噛まれて病気になった事例もあるとTVで放送していました。必要以上に怖がる事はないと思いますが用心に越した事はなさそうです。

驚く話、その2

さて、団塊世代以上が総人口の4分の1になり、日本も本格的高齢者社会になりました。他人様の事は言えませんが、どこの病院も高齢者で溢れています。
妻の勤務している病院に患者さんのご家族から電話が入りました。
「主人がトイレに入って出てこないので見にいったら座ったまま寝ていたのよ」
 に思いつくのは脳梗塞や心筋梗塞などでしょうか。
「30分位背中を叩いていたら目を覚ましたの」
30分も寝た状態は只事ではありません。梗塞で脳に血液がいかないと大変な事になります。
「救急車は呼ばなかったのですか?」
「はい、歩いてトイレから出てこれたので大丈夫でした。で、今さっき、車で病院に向かったので様子を診て下さい」
「えっ、自分で運転してですか?」
「そうよ」ご家族はのんきそうに返事をしました。
ところが電話している最中に患者さんは、すでに病院に到着していて透析の準備に入っていたのですが、院長に事情を説明し早急に検査すると、脳に少し出血があってすぐに他院に入院させたそうです。
それにしても、少しとは言え脳出血した人が自分で車を運転して病院まで来るとは驚きました。

まだ3歳なのに<ボケたんじゃないか>と思える行動をとる風太です。
風太_コード.jpg



<追記>風太は何か栄養が足りないんじゃないかと息子が言うのですが、そんな馬鹿な!

2013.10.26
nice!(16)  コメント(11) 
共通テーマ:ペット

謝って済むなら警察はイラン!! [映画]

今年観た映画で一番感動したのは「レ・ミゼラブル」、一番泣いたのは「くちづけ」、一番笑ったのは「謝罪の王様」。昔は多かった喜劇映画がこの頃は少ないと感じます。人は心にゆとりがないと笑えません。世知辛い世の中で笑いが失われて来たのでしょうか。
さて「謝罪の王様」を観に行ったのは水曜日の女性優待日で周りは女性ばかりです。若い人から高齢者まで、それはそれはまるでハーレム状態、この高揚感はなんでしょう。しかし処どころで匂う好みでない強い香水には我慢が必要です。
「加齢臭には言われたくない」って?ごもっとも。
「ごめんなさい!申し訳ございませんでした」

監督:水田伸生、  脚本:宮藤官九郎、 主演:阿部サダオ の3人組は独特なコメディを創っています。とくに宮藤官九郎は日本中がすっかり嵌った<じぇじぇじぇ>の「あまちゃん」のような喜劇ドラマや映画の脚本が多く、なんとも個性的で独善的なハチャメチャ感が特徴です。
更にいろいろな映画の「ギャグ」や「パクリ」を使って笑わせる手法もクドカン流でしょうか。
この映画はcase1~case6がオムニバスになっていて各々が上手い具合に繋がっています。
内容を簡単に説明すると
謝罪師を生業とする黒島(阿部サダオ)は喧嘩の仲裁から国に係るトラブルまで請け負います。
ヤクザとのいざこざ、企業内のセクハラ、有名芸能人の身内の不始末、超エリート弁護士の隠されたトラウマ、映画の撮影時うっかり見逃した為に起こる国際的トラブル・・・・
振りかかる難問を謝罪のテクニックを駆使しながら解決していくのですが、最上の「土下座」を凌ぐ土下座の向こう側の究極謝罪法で国家存続の危機まで解決してしまいます。

諸外国で特に欧米で<謝る>は自分の落ち度を認める事。それで賠償させられないよう簡単に謝罪しないのが通常です。日本人は本心はともかく<まずは謝る>そんな日本の謝罪文化を皮肉って創られた映画と言えます。
それにしても連日TVで謝罪会見を観ない日はありません。東電の福島原発汚水漏れ、スポーツ関係の後輩への暴行、学校のイジメ、メガバンクの反社会団体への不正融資、などなど暇がありません。「謝って済むなら警察はイラン!!」と言っても・・・警察関係の謝罪も多いです・・・

風太反省.jpg
「涙の謝罪会見」


s006lin.gif


風太にも謝らねばなりません。家族の極悪非道の風邪をうつした疑惑が・・・。親ばかと言われても普段はもっと可愛い声でこんな鳴き声じゃありません。「風太、申し訳ありませんでした」
汗.jpg


2013.10.16
nice!(15)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット

九月は苦月でした・・・・ [雑感]

今年の秋は寒暖差が激しく体調を崩す人が多いと聞きます。
当家でも家族全員が風邪で苦しみました。元凶は妻の持ちこんだ極悪非道な風邪で息子もオヤジも被害を受けました。まず喉に来て熱が出て最後は咳が止まらず、何度病院で点滴を受けた事でしょう。例年にない夏の猛暑で体力を消耗した上に、箸より重い物を持った事がない歌舞伎役者(理由はリンク先に)のような優男。免疫力がまるっきしですから風邪も長引く訳です。
さて息子と連れだって病院にいった日の事です。患者で溢れかえっている待合室に40~50歳ぐらいの男性が慌てて入って来ました。
「息子が酷い下痢と嘔吐で・・・熱も高いのです。すぐ診て貰えますか?」
受付の女性は診察室に入り先生の了解を得たのでしょう、すぐに連れて来るように言いました。
20歳前後とお思しき長身で細身の血の気を失った若者が診察室に入って行きました。

ここからは息子から聞いた話です。
丁度その時、息子は点滴を受けながらベッドに横たわっていたそうです。
そこに下痢嘔吐君がやってきてカーテン一枚で仕切られた隣のベッドで診察を受け始めました。

「どういった症状ですか?」
「ものすごく腹が痛くて下痢が止まりません。何回も戻しました。それと熱もあります」
「いつからですか?」
「昨日の夜中からです」
「今も痛みは続いているの?ここは痛い?ここはどう?」
先生はそう言いながら、お腹を触診している様子。
「何か食べた?」
「昨日の夜バイト先の焼肉屋で古い肉を食べました」
「えっ、古い肉を食べたの?」
「店長に言われて冷蔵庫に入っていた古い肉を<食べて大丈夫か>試食させられました」
「ひ、酷いな、それだよ原因は。こりゃあ食中毒だぞ!」
どこにある焼肉屋か、何と言う名の焼肉屋か知りません。しかし弱い立場のバイトの若者に古い肉を試食させるなどあり得ません。これはれっきとした犯罪じゃないですか?

冷凍庫に寝そべった画像をツイッターでアップする若者がいて問題になっています。ほとんどが軽い気持ちの悪ふざけで、やり方も稚拙で卑劣で決して許される事ではありません。会社や店の損害が大きく店舗が閉鎖になる例もあります。一方職場での待遇の不満や鬱積が積り積って、そのような行動を取る若者がいるかのも知れません。
風太_点滴.jpg

s006lin.gif


TVの動物番組で犬がカゴや小さな箱に入りたがるのを観ました。猫が小さな箱に入るのはよく知られた事ですが犬が箱に入りたがるのは珍しいと思います。一体その犬が新しいカゴや箱に入る理由は何でしょうか?動物博士のむつごろうさんが、それは自分のテリトリー意識からの行動だと説明していました。それが証拠に一度箱に入ると2度と入りませんが、その箱に他の臭いを付けるとまた入るのです。猫も同じかも知れません。テリトリー意識の強い猫は小さな箱に自分の臭いを付ける為に、箱がどれほど小さくても入りたがるのではないでしょうか?
前回小さな箱に入ろうとした風太も更に小さな箱に挑戦です。



2013.10.06
nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

びっくりの上げ底・・・ [雑感]

息子がお菓子らしい箱を取り出してテーブルの上に置きました。
「これ、会社の人のお土産」
「えっ、その人中国に旅行へ行ったの?」
箱に書かれていたのは間違いなく中国語です。
「中国人の社員なんだけど、夏休みに帰省して買って来てくれたんだ」
まさに企業のグローバル化を実感する話です。サービス業などでアジア人のアルバイトはよく聞きますが、正社員でそれも医療関係のSEですから驚きます。
「食べる?」お菓子だと思っている妻が娘に聞くと、食い意地の張った娘は二つ返事です。
「あれ?軽ぅっ・・・」突然妻がすっとんきょな声を上げました。
「何これ!すっごい上げ底だよ~」
外箱から出した内箱に3個の箱が入っていて周りは隙間だらけ。更に取り出した箱も外箱から想像出来ない程の小ささです。その狡さに大笑いするしかありません。旅行のマナーやルール無視の中国人に世界から非難があります。これだから中国のやる事は信用できません。

「お菓子に見間違えるパッケージ」

上げ底1.jpg


「内箱は上げ底になっていて小さい箱が3個」

上げ底2.jpg


「更に上げ底?中身の箱の小さい事。まるでロシアのマトリョーシカ人形」

上げ底3.jpg


そんなやり取りを聴いていた息子
「それ、お菓子じゃないよ、きくらげだよ!書いてあるじゃん」
「ええーっ、?!」
「1時間程水に戻すと3倍位に膨れ上がるんだって!!」
内容物の大きさにしては外箱が大き過ぎますが配送など理由はいろいろあるそうです。それでも会社の同僚に気を使いお土産を買ってくるなんて、なかなかだと思いました。国のイメージで全国民を判断しがちですが、どこの国にも悪い人間も善い人間もいるもので、軽々しい浅はかな思慮に反省しきりです。

s006lin.gif

当家では箱一杯に中身が入っていて、決して上げ底などはしません。逆に大き過ぎて箱に入りきらずはみ出していますから、お土産に上げられません。
箱入り猫.jpg
汗.jpg


2013.09.5
nice!(14)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット

人生一寸先は霧? [雑感]

遅めの夏休みで箱根に行ってきました。薄曇りだったのに標高が上がるにつれ霧が立ちこめて、
芦ノ湖スカイラインを走る頃は富士山の絶景どころか目の前5m先までも見えません。
カーブの連続で突然目の前に車のライトが現れると驚いて反対側にハンドルを切りたくなりますが、怖いのはガードレールがない場所で霧の先が道路なのか崖なのか判断付かない事です。



ポーラ美術館.jpg



芦ノ湖まで下りても結局霧は晴れず、ポーラ美術館で開催されていたモネ展にいきました。
ポーラ美術館と国立西洋美術館の共同で企画され、2館のコレクションのモネを中心にピカソなど約100点が展示されています。モネの晩年は白内障で視力が落ち「睡蓮」など抽象画的作風になったようです。最後に展示されていた3点はロンドンで描いた「チャーリングクロス橋」「ウォータールー橋」「国会議事堂・バラ色のシンフォニー」。絵画の隣に書かれたモネのコメント
   「霧なしではロンドンの美しさはありえないでしょう」
霧に始まり霧で終わるのかと、まったく出来た話だと思わず苦笑いしました。

宿泊は古風な旅館です。古風と言うと聞こえは良いのですが設備が古くて汚れた感じです。
古さは仕方ないとしても問題は歩くと畳の所々が凹む事です。
クチコミは決して悪くなく良いコメントが多いので、その部屋だけが特別だったかもしれません。
食事は食べ切れないほどの料理の数々でした。ここの売りは国鳥の雉で<雉子焼霜造り><雉子もも肉瓦焼き><雉子薬膳鍋>など。初めて食べましたが、なかなかの美味しさでした。

_MG_0052_1.jpg
_MG_0056_1.jpg

廊下側面に古い漆の重箱などが展示され、その一つに<アラン・ドロンと女将さんの写真>が<イタチの剥製>と並べられていたのもユーモアを忘れないサービス精神か。
夕・朝とも部屋食で還暦を過ぎたと思しき仲居さんが甲斐がいしく世話をしてくれます。
翌日の事、朝食も終わり精算の為に冷蔵庫の飲み物を調べていた仲居さんに向かって
「地元のお酒など用意してあったのに下戸なのでビール1本しか飲んでないのですよ」
「あらっ!お酒もタバコも飲まないのですか?」
「そうなんです」
「奥様は幸せだわ~<←ここ大事!>。私は2度離婚して、最初の夫はすごい大酒飲みでタバコも吸うし、おまけに乱暴を振るって大怪我をさせられ・・・で別れました」
「そうでしたか・・・」
「2度目の夫は10年ぐらい前に白血病で死別れですよ。それで旅館の紹介所に頼んでここを紹介して貰い・・・・」
「それは、それはお気の毒でした」
まさか旅館で仲居さんから身の上話を聞かされるとは・・・生きて行くのは辛い事です。
しかし ♪「人生楽ありゃ苦もあるさ~ 涙の後には虹も出る~」♪
箱根の杉並木を霧に包まれ歩いている黄門様の姿がうっすら浮かんで来ました。

s006lin.gif


風太は息子と留守番でした。帰って好物のシーバを食べさせても文句タラタラです。
汗.jpg



2013.8.28
nice!(10)  コメント(11) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。