So-net無料ブログ作成
検索選択

予期せぬ出来事も楽しいものです [旅行]

暦は三月、待ち焦がれた春も目前ですが足踏みをして簡単には近づいてくれません。
一足先に春を満喫したくて2月中旬に故郷の南国鹿児島に行ってきました。一番の目的は娘の結婚式に高齢の為上京できなかった親族に婿を紹介する事です。
宿泊先は九州最南端指宿のホテルで、敷地に指宿温泉の売りの砂蒸し風呂があって、またゴルフ場、テニスコート、サッカー場、ボウリング場、プールなど遊びの施設が充実しています。

「航空機からの富士山」 _MG_0005_1.jpg

「ホテルバルコニーから」 IMG_0302_1.jpg

s006lin.gif

ホテルの予約後に知ったのですが、最高のサプライズはなんとJ・リーグ浦和レッズの合宿日と重なった事です。到着した7日は暴風雨下の練習で撮った写真はボケ・ブレ数知れず、写真の腕がバレバレ。しかし、ほとんど観客のいないサッカー場を独占状態でき選手のプレーを見られました。そして更なるサプライズが続きます。夕食前に大浴場に入るとレッズの選手たちが目の前にいたのです。まさか日本代表クラスの選手と裸のお付き合い?が・・・これは流石に想定外。緊張で固まっていた<レッズ命>の息子を尻目にオヤジは選手達に話しかける厚かましさです。見知らぬオヤジに声をかけられ選手は迷惑だったでしょうが、それでも気さくに応じてくれました。さて次の8日は昨日の暴風雨が嘘のような晴天で午前中、オヤジは娘夫婦と近辺の観光地巡り、妻と息子はレッズの練習見学となりました。練習を終えた選手達にサインを貰い、写真を撮って、息子にとっては夢のような2日間だったでしょう。

「浦和レッズの選手」 reds_0.jpg

ところが世の中、美味しい話ばかりではありません。鹿児島が晴天の8日、関東は大雪で午後からは飛行機は全便欠航。そのせいで復路の9日も欠航や遅延が続き、結局2時間半遅れで羽田に到着しました。それでもここまでは想定内でしたが悪い事は続きます。空港内の駐車場に留めていた車のエンジンが掛りません。なんとバッテリーが上がっていました。JAFに連絡すると大雪のせいで車のトラブルが多発し全く電話が繋がりません。ようやく繋がってホッとしたのも束の間、スタッフの到着が1時間半以上かるとの返事。
「人生、山あり谷あり」
世の中は<良し悪し>バランスが取れていると再認識させられた旅行でした。

2014.03.03
nice!(12)  コメント(17) 
共通テーマ:ペット

箱根 [旅行]

猛暑の8月もようやく終わり、朝夕はいくぶん涼しくなり季節の移り変わりを感じます。
そんな中、箱根の「箱根ガラスの森美術館」に行ってきました。
目的は夏休み限定の「クリスタルトリオ アンサンブル サマーコンサート」、世界でも数少ない
ガラス楽器の演奏者3人はイタリア ビェネチアから訪日だそうです。
当日は普段1300円の入場料が500円で、その500円も東日本大震災への被災地支援に
使われる、一度で二度美味しい催しでした。クリスタルグラスで作られたハープ、ベロフォーン
パンフルートの演奏の透き通る美しい音色に聴き入ってしまいます。
夏休み最後の日とあってホールは身動きできないほどの観衆で埋まり、さらに演奏をバックに
合唱もあり生演奏の楽しさや感動を改めて知った思いです。
また同時にイタリアのカンツオーネ・コンサートも開催されていたのですが、庭園にその歌声が流れてきて、お茶を飲みながらベンチでのんびりするのも癒されます。


_MG_0160_1.jpg


_MG_0155_1.jpg

_MG_0124_1.jpg

_MG_0131_1.jpg


_MG_0129_1.jpg

_MG_0135_1.jpg


_MG_0158_1.jpg


「芦ノ湖湖畔で見かけた店番の犬と猫のやりとり風景」
_MG_0101_1.jpg

s006lin.gif

自宅に帰ると腹をすかした「欠食猫」のぷくが餌を催促します。
「もう食べていいかニャン?」
と言われてもアンタの食べ物じゃないですから~
IMG_1642_1.jpg
nice!(8)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

キャンプ場はサプライズがいっぱい! [旅行]

ゴールデン・ウイークが近づくと待ちに待ったアウト・ドアの季節です
アウト・ドアといえば子供も大人も楽しめるオート・キャンプはどうでしょう(水曜どうで・・)
都会の喧騒や仕事の煩わしさから逃れて、のんびりするにはもってこいです
山間の静かな夜に降るような星空の下、飲めないお酒を飲むと得もいえぬ心地よさや
ひんやりした早朝、小鳥のさえずりを聞きながら挽きたてのコーヒーを飲む至福の時間・・・

15年位前お盆休暇、静岡県大井川の上流、「井川オートキャンプ場」に行った時の事です
テントを建てて昼食を食べていると放送局と思しき人達がやってきて取材の許可を頼まれ
TVカメラを回し始めたではありませんか
こんな事は初めてですから、家族全員の動きがまるで漫才の「ザブングルの加藤」状態で
<カッチカチやぞ!! カッチカチやぞ!! >
当然会話など一切なし、まるでお通夜のようです
これはまずい、楽しげなランチ風景を演出しなければと考えたサービス精神旺盛なオヤジは

「どう~このパスタ、ちょうど良いゆで加減で美味しいだろう?」
「・・・・」
サラダ果物も食べなさい」
「・・・・・」
「天気がよくて風が気持ちいいね~ 今日は最高のキャンプ日和だぞ」
「・・・・」
「あっ、そうだビールを飲むか!」
ひとりハイテンションで、わざとらしい会話を続ける親父は家族からすっかり浮いた状態
会話も動きもない家族のランチ風景にTVクルーは嫌気がさしたのか撤退してしまいました

このキャンプ場はエコの先駆け、自然に優しいキャンプ場が売りで川湖が汚染されないように
食器洗いに中性洗剤は使用禁止、石鹸や施設に置いてある洗剤しか使えないのです
その取材でテントサイトでのインタビューと炊事場、ランドリーなどの撮影をしたようです
翌朝TVで放送される事を知ったオヤジは、すぐ知人に録画を頼んだのは言うまでもありません
自宅に帰って録画を見たところ、映っていたのはほんの数秒だけ、それもオヤジの部分はカット
インタビューの様子と妻と子供が食器洗いや洗濯機を使っているシーンだけでした
「静岡第一テレビ」が取材、番組名は日本テレビの「ズームイン 朝!」

またキャンプではこんな思いがけない事も起きます
妻の勤務している病院の看護師Oさんは子供が保育園でちょうどキャンプ年代です
東名高速の大井松田インターから程良い距離にあるオート・キャンプ場に行きました
テントを建てたりテーブルを準備し終わり、ふと隣のサイトを見るとどこかで見たような顔が
よく見ると江●洋介、森●千里夫妻とその子供達です
有名人がどうしてこんな所へと目を疑いましたが間違いありません
ここで「サインください」と騒ぐと、いかにもミーハーと思われますし、それにプライベートな時間を
過ごしているのですから素知らぬふりで挨拶をしましたが、もう胸はドキドキ
周りのサイトの人々も芸能人と気付いたようでしたが、そこは皆さん自然に振る舞います
しかし、江●洋介は釣りが好きらしく管理釣り場にいったところ、あっという間に噂が広がり
テント・サイトに人々が集まり始めたそうです
全く江●家に関係のないOさんでしたが、いつしか江●家とは旧知の仲のように思ってしまい
まるでボディーガードのように振舞っていたと言う事です

釣りは屋外だけとは限りません
根っからの釣り人は自分の赤ん坊を魚にみたて、おしゃぶりを餌に釣りを楽しむと聞きます
猫は釣られるのが大好き!ぷくだって同じです
IMG_1300_1.jpg



2010.4.25


zenjimaruのホームページです
「デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html






nice!(18)  コメント(17) 
共通テーマ:ペット

初めての留守番にゃ~ [旅行]

宇都宮餃子.jpg


宇都宮と言えば餃子、餃子と言えば宇都宮と言われるほど関東では宇都宮餃子が有名です
わざわざ宇都宮まで餃子を食べに行くほど時間もお金もありませんが、途中で立ち寄るなら
好いだろうと東北自動車道を降りました
最終の目的地は「鬼怒川温泉」です、私の快気祝いに子供達が温泉旅行に連れて行ってくれる
とセッティングしてくれました
その途中、宇都宮に寄って餃子を食べてみようと思ったのです
どこでも高速のインターを降ると道路に沿って多くのラーメン店やファミレスがありますので
同じように餃子店が立ち並んでいると思ったのが大間違い、まったく影も姿も見えません
結局、宇都宮駅まで走り駅の近くの餃子店をみつけました、空腹に期待も膨らみます
その店の壁には芸能人や元スポーツ選手のサイン判読不明の色紙が貼られ・・ここ有名店?
そして待ちに待った餃子がテーブルに並びます
美味しい事は美味しいのすが、「これが宇都宮餃子か!」と驚嘆する事もなく普通の味でした
餃子に過大な期待をするのも可笑しなもので、メディアに翻弄されています

「旅の食べ物」で思い出したのが妻の友人一家が長崎に行った時の話です
長崎に来たのだから、どうしても食べたいと思っていたのが「本場のちゃんぽん」です
しかし、あちこちに「ちゃんぽん屋」のお店が点在して何処の店が美味しいのか判りません
そこで地元の人に「この辺りで美味しいちゃんぽん屋はありますか?」と聞いてみたところ
その人は親切に店まで案内してくれたそうですが、なんとそこは長崎ちゃんぽん「リンガーハット」
全国チェーン展開しているので時々食べますし、やはり安くて美味しいお勧め店・・・なんでしょう

鬼怒川温泉と上流・川治温泉の中間に位置する「龍王峡」
地上から急峻な渓谷に降りて行く途中の「虹見橋」からみた上流方面と下流方面です
龍王峡_1.jpg

龍王峡_2.jpg


【ぷくは初めての留守番】
今まで旅行などで外泊する時、ぷくを病院に預けましたが食事も便もしないのが悩みでした
そこで今回はぷくを自宅に置いていく事にしました
多めの餌と水を用意して、ホットカーペットは弱めに、夜間寒くなるのでエアコンをタイマー設定
心配でしたが全く杞憂に終わりました



2009.11.25


zenjimaruのホームページです
デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html








nice!(19)  コメント(26) 
共通テーマ:ペット

長野県安曇野の旅 [旅行]

長野県安曇野市に行ってきました
神奈川の猛暑を逃れようと出かけてみたものの日中の暑さは変わりません
さすがに朝夕と木陰は涼しいのですが、陽の強さは都会と同じで、めまいがするほど

さて、前から一度訪れたかった安曇野「大王わさび農場」
ここは黒澤明監督作オムニバス映画「夢」の一話「水車のある村」の舞台です
映画の中ではこれが現実の世界かと思えるほど爽やかな風景です
鮮やかな緑と美しい水、そして水車、セットだと思ったのですが現存すると知り
ぜひ訪れたいと「夢」にまで見た場所でした

映画は狭い世界を壮大に想像させます
その景色を現実に目にしますと、多くはギャップに落胆するものです
映画は余計なものを切り取り、各シーンを繋げていく訳ですから周りは関係ありません
こちらが勝手に想像して、そんな風景が広がっていると思いますが実際はほんの一角です
昔はこのような風景が日本のいたる所で見られたのでしょうね

観光客に荒らされますから見られる場所が限られています
水車を撮影できる場所は一方向、似たり寄ったりの写真になりました


_MG_0020_1.jpg

_MG_0030_1.jpg

_MG_0034_1.jpg

_MG_0040_1.jpg

_MG_0037_1.jpg

_MG_0042_1.jpg

_MG_0015_1.jpg

絵を描いている人々です、ここからのアングルしか水車全景を観られません
_MG_0045_1.jpg

長野安曇野といえば「わさび」か「そば」でしょう
数多くある蕎麦屋の中から選んだのは「くるま屋」です
北西に位置する全く目立たない、道路際に立つ看板もうっかり見逃してしまうほど
昔の日本家屋を利用していて相当古いですが店内は多くのお客さんがいました
お品書き数は少なく、ざる蕎麦がメイン、他に数品、海老天やとろろ・・・
普通の1人前493円を頼みました
ほとんどのお客さんが大盛り、2人前、3人前などオーダーするので、一人前では量が少ないのかと心配しましたが都会のそこいらの蕎麦屋の1.5人前はあろうかと思う量です、味も立派!
目立たない辺鄙な場所でも大勢の人が訪れるお店、これぞ名店と感心しました

_MG_0068_1.jpg

店の入り口には「看板猫」・・名前を聞いても教えてくれません
「わたちゃ、眠いニャン」
_MG_0069_1.jpg

人が触ろうと逃げもせず無関心です
_MG_0070_1.jpg


2008.8.3

zenjimaruのホームページです
デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html




nice!(13)  コメント(18) 
共通テーマ:ペット

映画の街青梅は猫の町でもありました [旅行]

映画の街、青梅は猫の町でもありました。
猫の町といっても、そこかしこで野良猫や家猫がたむろっている訳ではありません。
それどころか、ほとんど本物の猫の姿は見かけませんでしたが・・・

鉄?で出来た電話ボックスです、中の暑さはもの凄かったです・・

昭和初期に使われた道具や家財などが見られます

街灯に付けられた看板「青梅まるごと博物館」

町の片隅に作られた猫のモニュメントのある小さな公園
誰も気が付かないような場所とスケールです

バス停です、木でできた猫が切符を売っています
待合室の中には彫り物の猫もあります

「昭和レトロ商品博物館」の左側にある喫茶店「となりのレトロ」で迎えてくれます、

町の歩道で見られる猫のモニュメント

前回、映画看板と街の印象を書きました。とても中途半端な街づくりだと感じました。
一方、猫の町もイメージさせようとしているのか、猫の公園やモニュメントなどが設置
されています。これも物足りない印象は拭えませんでした。多分猫はちょっとした
アクセントか遊びでしょうが・・・
今後、地方の商店街の生き残りはどのようにしてお客を集めお金を落とさせるかの
アイデアが問われています。
シャッター通りが増えないように頑張って欲しいと思わずにいられません。

2007.9.19

zenjimaruのホームページです
デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html


nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

青梅駅商店街の昔の映画看板を観てきました・・ [旅行]

16日、マラソンで有名な青梅に行ってきました。
青梅駅商店街の建物に昔の映画の看板が描かれているのを観たいと思ったのです。
9月も中旬を過ぎて少しは涼しさが感じられる頃だというのにまるで真夏の暑さです。

片側1車線の旧青梅街道沿いに並んだ商店の壁や屋根に看板は取り付けられていました。
商店の建物は一様に古く、看板と違和感はありませんでした。昭和の再現です。

とても古い建物と最近建てられたとおぼしき街灯があります

シャッターは閉じたままの商店でしょうか?

江戸時代の旅籠らしい建物ですが整頓されていないので中景で撮影





結論を先に申しますと残念ながら失望しました。
あれだけメディアなどで取り上げられているのにプロモートされているように見えません。
この商店街は古く汚れた建物に手書きの映画看板を取り付けただけで、また駐車場の
フェンスブロック塀にも取り付けられていますが
「何を見せたいのか」「何を売りにしたいのか」
よく判からないのです。

映画看板や映画の街として広告したいのなら、もっと街の整備を進めていくべきです。
看板の前に電線が束になって架かっていたり、余計な広告の看板や、ごちゃごちゃの
色使いの建物、駐車場の不整備、休憩所やトイレ、どれをとっても満足いくものでは
ありませんでした。
次回はこの商店が猫の街でもある事を取り上げたいと思います。

2007.9.18

zenjimaruのホームページです
デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html


nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

猫にぶどう?美味しい「ぶどう」は人間様の物・・ [旅行]

9月7日、台風が過ぎ去ったと言えど吹き返しの中、妻が山梨の勝沼に行って来ました。
予定はしてはいたのですが前日の台風9号の襲来で諦めていたところ、知人からの電話で
決行したそうです。懸念の風も中央高速も問題なく普段より早く到着。

狩ってきたぶどうの後ろに座らされての記念撮影

「なんで、いつも写真を撮られるの!!」

古びたザル(庶民派)に乗せられたぶどう達
 『モヌッカ』 『ヴィーナス』 『ピッテロ・ビヤンコ』 『ピオーネ』など聞いた事ない名前で 
「 欧州か!」
まあ、欧州でしょうな、ぶどうですから・・

ぶどう農園では畑に連れて行かれ、馴染みもあってか試食のし放題で
「もうお土産いらないわ」状態だったそうです。
挙句の果て
「皮ごと食べられるのは、いいんだけど種がね・・」
さすがにムッとなったらしく、おじさんは
「種無しを作ると、次は皮ごと食べられる物、今度は皮ごと食べられて種無しかい!」
とブツブツ言っていたそうです。

完熟で[取り立て新鮮ぶどう]がこんなに美味しいかと思える一方、店で売られている物の
まやかしがよくわかると言うものです。

2007.9.9

zenjimaruのホームページです
デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html


nice!(9)  コメント(14) 
共通テーマ:ペット

高原をめぐり、夜は天体観測、最後は美術館へ [旅行]

引き続き霧ケ峰、車山、蓼科高原の訪問記です。
霧ケ峰高原は「ニッコウキスゲ(日光黄菅)」で有名ですが、今年は例年より開花が遅れていて、幸いな事に私たちが訪れた頃が見頃でした。天気が悪かったので写真は撮りませんでしたが、なかなかの景観です。
標高2000m位まで登りますと、さすがに半袖では寒く一面うっすらと霧が立ち込めた風景はその名に相応しいものでした。

夜は車山の山麓で星の観察が出来ます。
残念な事に雲がかかっていて満天の星空とはいきませんでしたが、雲の間から「木星」や「夏の大三角形」なども見ることが出来ました。
屋内での「プラネタリウム」で天体観察もあり、てっきりドーム型の天空をイメージしていましたが、なんと四角いスクリーンに星空を映し出すのです。またその映像は「パワーポイント」を使ったもので、ここでもPC恐るべしです。


諏訪湖畔にある原田泰冶美術館へ。以前、朝日新聞の日曜版に日本全国の原風景が掲載され心癒されていたことを思い出し旅の終わりに立ち寄りました。
星野富弘さんの作品も展示されており得した気分でした・・
この夏、共に障害を乗り越え育まれた友情の証の交流展として原田泰治美術館と星野富弘美術館で開催されているそうです。

2007.8.9

zenjimaruのホームページです
デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

車山高原のリゾート・イン「ミスティ」の素晴らしい一夜 [旅行]

8月4~5日霧ヶ峰、車山、蓼科高原めぐりをしました。
その時宿泊しましたリゾート・イン「ミスティ」です。

看板犬の「ジップ」はとても恥ずかしがりやで、他人に吠えたり暴れたりしない
とても賢くかわいい子です

歴史が感じられる欧州風の素敵な建物

中に入ると正面がフロントで若くてハンサムなご主人が迎えてくれます

朝食は手作り風なソーセージをパンに挟んでホットドッグにします
パンの食感がまた独特でフランスパンに似ていますがとても美味しいです
オレンジジュースとコーヒーが付きます。適度な量で満足!

夕食は本格的なフランス料理を静かな雰囲気のなか少し緊張して食べました。
ワインを嗜みながらのフランス料理はゴージャスな気分にさせられます。
涼しい高原で静かに音楽を聴きながらワインと料理、これ以上の贅沢があるでしょうか?
ちなみにこの美味しい料理のチーフシェフは奥様です

<メニュー>
   黒ゴマ入り蕎麦粉のガレット
   枝豆のクリームスープ
   白身魚のヴァブール 三色ピーマンのトマトソース(撮影し忘れ食べてしまいました) 
   豚肉フィレのポアレ 赤ワインとキノコのソース
   ガトーフロマージュ ルパーフのコンフィチコール添え
   デミタス・カフェ
 

 2007.8.7

zenjimaruのホームページです
「デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html


nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。