So-net無料ブログ作成
検索選択

ルーヴル美術館展 [芸術]

表紙0.jpg

乃木坂駅から、そのまま会場に行ける「国立新美術館」でルーヴル美術館展が開催されています。
2月21日から6月1日まで、まもなく終了しますので混雑を覚悟で観に行きました。
16世紀初頭から19世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画、約80点が紹介され各国、各時代を代表する巨匠たちの名画が一堂に会します。精密でリアルな絵が多いのですが、特に「冬の寓意」(アブラハム・ブルーマールト)は、微風に揺れる?帽子の描写やボケ具合、モデルの皺、皮膚感など目を見張ります。しかしそんな絵ばかりが並んでいると、正直どれが誰の絵か分かりずらい。どれも同じに見えてしまうのは自分の感性や知識のなさでしょう。それでも、心に残ったのは「コロー」です。後の印象派に影響を与えた画風は、どことなく印象派の匂いを感じさせます。個性を出そうと血の滲むような苦悩した「印象派」画家との違いを認識できるのも一見の価値がありそうです。

s006lin.gif

両替商とその妻.jpg

「両替商とその妻」1514年 
 クエンティン・マセイス

両替商は手に持っている天秤で金貨を乗せて計っている。妻の手元にあるのは「祈祷書」で信仰の深い女性として描かれていて、妻は夫が不正をしないか見張っているとも言われている。


物乞いの少年.jpg











「物乞いの少年」1647~1648年
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ

ルーヴル美術館の最初に入ったスペイン絵画の一つで、セビーリアという都市の孤児(路上生活者)を描いている「のみをとる少年」の副題がついている。


聖家族.jpg











「聖家族」1640年
 レンブラント 

イエスの父親ヨセフへの信仰が高まったのが15世紀後半である。家父長制が浸透していく過程で人々の暮らしが楽になり「家族」というものに意識が強まり、父親の存在が重要視し始められた。


猿の画家.jpg











「猿の画家」1939~40年
 ジャン・シメオン・シャルダン

風俗画が主な時代を揶揄している絵画の1枚。モデルを忠実に再現するだけの猿まね的では真の画家とは言えない、と皮肉られて描かれた。


天文学者.jpg













「天文学者」1668年 
ヨハネス・フェルメ-ル 

フェルメールの作品で男性が主役なのはこの一点のみ。 
天球儀や星座を測る器具や天文と地理の本などからこの男が天文学者と想像される。 
モデルが少しぼかして描かれているのがミステリーだ。








「パンフレットからのコピーや抜粋です」

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真のポートレート撮影は、カメラマンから見てメイン・ライトを左斜め上から照射することが多いです。それは多くの西洋画が観覧者の左側から光が当たっていて、それが見本になっていると想像されます。
では室内絵のほとんどが左側から光が当たっているのは、どういう理由からでしょうか?

2015.5.4
nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:ペット

「セザンヌ主義」に行きました [芸術]

「セザンヌ主義」
暫く振りに絵画展に行きました、横浜市美術館で「セザンヌ展」が開かれています
横浜市美術館には昨年「シュルレアリスムと美術」を観に行きましたがそれ以来です
「セザンヌ主義」の言葉の存在はセザンヌの絵画が20世紀初頭のフランスの芸術に影響が
大きかったからだそうです
マティス、ピカソ、ブラック、モディリアーニなどの著名な画家の絵画にそれが顕著に見られます
日本でも岸田劉生、安田晋太郎、森田恒友、佐伯祐三らもパリに赴き影響を受けています

「横浜市美術館入り口」
IMG_0638_1.jpg

IMG_0641_1.jpg


今回の展示に工夫が凝らしてあるのはセザンヌの作品、約40点と他の画家の作品約100点を
集めてそれらを並置し比較して展観させてある事です
例えば下のように<パンフレットとからとりました>

「セザンヌ」<縞模様の服を着たセザンヌ夫人>   「ゴーギャン」<パトロンの娘>
セザンヌ.jpg ゴーギャン.jpg

「セザンヌ」<りんごとナプキン>            「安井晋太郎」<ターブルの上>セザンヌ_00.jpg安井.jpg

今回、岸田劉生の描いた肖像画を観て感じた事があります
絵を観る時は少し離れて薄目で観ると良いと聞いた事があったのでやってみました
ただ眼鏡を外しただけですが・・・何気なく塗りたくったような肖像画はぼやけています
しかし、その輪郭が鮮明に観えるのです、ボケているのに鮮明に観えるは矛盾していますが
輪郭と言うより顔のイメージが判るが正しいでしょうか、点描のような効果なのかもしれません
但し、全部がそうではありません、ボケかしてそのように観えない絵もありました
そして、絵画展でいつも思う事、どうしてこれらの絵画がこんなに評価されるのか?です
多くの画家が独自の方法で個性的に描いている、評価の違いはなんだろうと悩みます


話は変わって、今朝プクが吐きました、最近抜け毛がひどいように思います
猫の換毛期は春から夏のかけて、冬に毛が抜けるのはなぜでしょう?
暖房のせいで毛が抜けるのでしょうか、プクはしきりと毛を舐めたり噛んだりします
気が付くと下毛の塊があります、そこで、庭に出してブラシッグする事にしました
気持ちよさそうに庭で動き回っていましたが、暫くすると足元から動きません
夕方になって急激に気温が下がって手がかじかんできましたので、寒かったのでしょう
部屋に入れて、サッシを開けたまま出入りしてもご覧通り自分の寝室から出ません
いつもはサッシが開く音に飛んでくるのに・・・

IMG_0618_1.jpg

「寒い時はホカペの上で寝るのが一番ニャ~」 IMG_0612_1.jpg



2008.12.7

zenjimaruのホームページです
デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html





nice!(24)  コメント(42) 
共通テーマ:ペット

猫の絵画展に行きました [芸術]

poster.jpg

3月20日、横須賀市の「カスヤの森現代美術館」に行って来ました
http://www.museum-haus-kasuya.com/index00.htm
「招き猫亭」コレクションによるネコ画名作展 ねこまみれ が開かれています
岸田劉生、武久夢二、藤田嗣冶、池田満寿夫、横尾忠則など著名な作家の作品をはじめ
60名強の画家が各人の画風で面白おかしく描いています
猫はその性格からか写実的な絵より象徴的に描かれている絵が多いように思いました

また昔から猫が人間と関わりが強い事を示されるのに浮世絵に描かれていた事です
歌川広重:浅草田甫酉の町詣(名所江戸百景) 
歌川国芳:おしゅん伝兵衛・流行の猫のたわむれ 
その他多くの浮世絵に描かれていたのには驚きです


_MG_0012_0.jpg_MG_0008_0.jpg _MG_0005_0.jpg


せめて、猫の絵が展示されている雰囲気を紹介しようと会場全景の撮影許可を
お願いしましたが当然ながら断られました
そこで、「ZENJIMARU美術館」で皆様の愛猫を絵画風にして展示しました
飼い主様には事後承諾となりますが、よろしくご了承お願い申し上げます

「改めてこのように並べてみますと、皆様素晴らしい写真を撮影していますね」
                                  (美術館長の感想)
museum.jpg


上から
popoki家所蔵/みりん家所蔵/お好み焼き屋のおばちゃん家所蔵/Rae家所蔵
/みゅう家所蔵/mitsu家所蔵/nimama家所蔵/COCO家所蔵/野良ニャン家所蔵
/forest家所蔵/yayo家所蔵

2008.3.23

zenjimaruのホームページです
デジタル写真の世界」
(仕事で撮影した写真、趣味で撮影した風景写真など)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koyamada/index.html




nice!(19)  コメント(21) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。