So-net無料ブログ作成
検索選択

嵐の後は春爛漫! [写真]

ようやく18日に関東にも春一番が吹きました。そしてお彼岸を過ぎたら春爛漫!
秋の台風は農作物、家屋の倒壊、洪水、土石流などの被害が大きいのが特徴です。台風といえば「台風一家」。例えは古いですが、大政、小政、森の石松などいた清水の次郎長一家の暴れん坊ぶりは有名です。一方、春の台風(爆弾低気圧)でも思わぬ大きな被害に遭います。

さて先月帰省する1週間前の事です。あろうことか息子がインフルエンザA型にかかり、寝たっきりで食事もままならず<駄目かな>と半分帰省を諦めかけていましたが<レッズ命。一念岩をも通す>ギリギリセーフ。幸い家族にも感染せず、どうにか事なきを得ました。
それから更に一月経って今度は妻がインフルエンザB型に掛ってしまったのです。すぐに寝室を分けて食事時間をずらしたり対応したのですが、完璧にオヤジに感染し、この10日間は高熱や鼻水、くしゃみ、下痢など、改めてインフルエンザの怖さを知らされました。
イナビル吸入粉末剤のお陰か熱も下がったので、のんびりTVを観ていると、突然妻が
「なにやってんの、自分の部屋で寝てなさい。息子にうつったらどうするの!」
ケージを指差されて「ホーム、ホーム」と命令される犬の気持ちが分かろうと言うもんです。
<誰のせいで・・・感染したと思っているんだ!>喉まで出かかった言葉をゴックン。
そんな苦労もあってか息子には感染しないで済みました。A型に掛ってB型に感染じゃシャレになりません。しかし当家にとってこの一月半はまさに「風邪一家」となってしまい、治った後も体調が優れず、春の「台風一過」の傷跡は痛々しいものになりました。


さて連休は天気に恵まれ観光地は賑わった事でしょう。体調も戻ったので近所の公園に行くと、早咲き桜の下を子連れの家族が遊具で遊んだり、高齢者が楽しげに散歩をしています。そんな長閑な公園の中、ビール片手にベンチに座っていた高齢者お二人さんと目が合いました。
「良い天気だね~。桜も満開で写真を撮りに来たの?」と手招きされて
それからデジカメや河津桜など次から次へと話は尽きません。「撮影するので・・」とその場を離れましたが振り返ると、名残惜しそうな恨めしげな二人の目が追いかけて来るのです。
その話を妻にしたところ
「類は友を呼ぶ。同じ臭いがしたんでしょ、きっと!」

_MG_0028_01.jpg _MG_0019_01.jpg _MG_0005_01.jpg _MG_0020_01.jpg _MG_0012_01.jpg _MG_0030_01.jpg _MG_0031_01.jpg


さて温かくなると外に出たくなるのは人も猫も同じです。



2014.3.24
nice!(12)  コメント(13) 
共通テーマ:ペット

予期せぬ出来事も楽しいものです [旅行]

暦は三月、待ち焦がれた春も目前ですが足踏みをして簡単には近づいてくれません。
一足先に春を満喫したくて2月中旬に故郷の南国鹿児島に行ってきました。一番の目的は娘の結婚式に高齢の為上京できなかった親族に婿を紹介する事です。
宿泊先は九州最南端指宿のホテルで、敷地に指宿温泉の売りの砂蒸し風呂があって、またゴルフ場、テニスコート、サッカー場、ボウリング場、プールなど遊びの施設が充実しています。

「航空機からの富士山」 _MG_0005_1.jpg

「ホテルバルコニーから」 IMG_0302_1.jpg

s006lin.gif

ホテルの予約後に知ったのですが、最高のサプライズはなんとJ・リーグ浦和レッズの合宿日と重なった事です。到着した7日は暴風雨下の練習で撮った写真はボケ・ブレ数知れず、写真の腕がバレバレ。しかし、ほとんど観客のいないサッカー場を独占状態でき選手のプレーを見られました。そして更なるサプライズが続きます。夕食前に大浴場に入るとレッズの選手たちが目の前にいたのです。まさか日本代表クラスの選手と裸のお付き合い?が・・・これは流石に想定外。緊張で固まっていた<レッズ命>の息子を尻目にオヤジは選手達に話しかける厚かましさです。見知らぬオヤジに声をかけられ選手は迷惑だったでしょうが、それでも気さくに応じてくれました。さて次の8日は昨日の暴風雨が嘘のような晴天で午前中、オヤジは娘夫婦と近辺の観光地巡り、妻と息子はレッズの練習見学となりました。練習を終えた選手達にサインを貰い、写真を撮って、息子にとっては夢のような2日間だったでしょう。

「浦和レッズの選手」 reds_0.jpg

ところが世の中、美味しい話ばかりではありません。鹿児島が晴天の8日、関東は大雪で午後からは飛行機は全便欠航。そのせいで復路の9日も欠航や遅延が続き、結局2時間半遅れで羽田に到着しました。それでもここまでは想定内でしたが悪い事は続きます。空港内の駐車場に留めていた車のエンジンが掛りません。なんとバッテリーが上がっていました。JAFに連絡すると大雪のせいで車のトラブルが多発し全く電話が繋がりません。ようやく繋がってホッとしたのも束の間、スタッフの到着が1時間半以上かるとの返事。
「人生、山あり谷あり」
世の中は<良し悪し>バランスが取れていると再認識させられた旅行でした。

2014.03.03
nice!(12)  コメント(17) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。