So-net無料ブログ作成

人生一寸先は霧? [雑感]

遅めの夏休みで箱根に行ってきました。薄曇りだったのに標高が上がるにつれ霧が立ちこめて、
芦ノ湖スカイラインを走る頃は富士山の絶景どころか目の前5m先までも見えません。
カーブの連続で突然目の前に車のライトが現れると驚いて反対側にハンドルを切りたくなりますが、怖いのはガードレールがない場所で霧の先が道路なのか崖なのか判断付かない事です。



ポーラ美術館.jpg



芦ノ湖まで下りても結局霧は晴れず、ポーラ美術館で開催されていたモネ展にいきました。
ポーラ美術館と国立西洋美術館の共同で企画され、2館のコレクションのモネを中心にピカソなど約100点が展示されています。モネの晩年は白内障で視力が落ち「睡蓮」など抽象画的作風になったようです。最後に展示されていた3点はロンドンで描いた「チャーリングクロス橋」「ウォータールー橋」「国会議事堂・バラ色のシンフォニー」。絵画の隣に書かれたモネのコメント
   「霧なしではロンドンの美しさはありえないでしょう」
霧に始まり霧で終わるのかと、まったく出来た話だと思わず苦笑いしました。

宿泊は古風な旅館です。古風と言うと聞こえは良いのですが設備が古くて汚れた感じです。
古さは仕方ないとしても問題は歩くと畳の所々が凹む事です。
クチコミは決して悪くなく良いコメントが多いので、その部屋だけが特別だったかもしれません。
食事は食べ切れないほどの料理の数々でした。ここの売りは国鳥の雉で<雉子焼霜造り><雉子もも肉瓦焼き><雉子薬膳鍋>など。初めて食べましたが、なかなかの美味しさでした。

_MG_0052_1.jpg
_MG_0056_1.jpg

廊下側面に古い漆の重箱などが展示され、その一つに<アラン・ドロンと女将さんの写真>が<イタチの剥製>と並べられていたのもユーモアを忘れないサービス精神か。
夕・朝とも部屋食で還暦を過ぎたと思しき仲居さんが甲斐がいしく世話をしてくれます。
翌日の事、朝食も終わり精算の為に冷蔵庫の飲み物を調べていた仲居さんに向かって
「地元のお酒など用意してあったのに下戸なのでビール1本しか飲んでないのですよ」
「あらっ!お酒もタバコも飲まないのですか?」
「そうなんです」
「奥様は幸せだわ~<←ここ大事!>。私は2度離婚して、最初の夫はすごい大酒飲みでタバコも吸うし、おまけに乱暴を振るって大怪我をさせられ・・・で別れました」
「そうでしたか・・・」
「2度目の夫は10年ぐらい前に白血病で死別れですよ。それで旅館の紹介所に頼んでここを紹介して貰い・・・・」
「それは、それはお気の毒でした」
まさか旅館で仲居さんから身の上話を聞かされるとは・・・生きて行くのは辛い事です。
しかし ♪「人生楽ありゃ苦もあるさ~ 涙の後には虹も出る~」♪
箱根の杉並木を霧に包まれ歩いている黄門様の姿がうっすら浮かんで来ました。

s006lin.gif


風太は息子と留守番でした。帰って好物のシーバを食べさせても文句タラタラです。
汗.jpg



2013.8.28
nice!(10)  コメント(11) 
共通テーマ:ペット

nice! 10

コメント 11

mimimomo

こんにちは^^
zenjimaruさんのところは、何をやっても楽しいですね♪♬♪
 我家と反対。家族旅行の最後は草臥れる(-。-ハァ~
風太君、毛並みも段々よくなるし風格が出てきましたね^^
by mimimomo (2013-08-29 11:56) 

のらん

箱根でのんびり、ですか♪ よいですね〜(^.^) ポリープ手術の療養ですね(爆)
そう。。。箱根といえば霧。。。私はたまにゴルフに行きますが、まるっきり五里霧中の「霧の壁」にボールを打たなければならないことがあります(^_^;
しかし「モネの晩年は白内障で視力が落ち・・・」で、あの睡蓮とは・・・。心象の光を絵にしたワケではなく、具象ってことかしら〜
風太さん、ほんとに気のいい子ですね。公園にいた「おだんご」みたい(^.^) おだんごも、里親さんちでのんびり暮らしているようです。
by のらん (2013-08-31 07:44) 

ヤヨ

箱根大好きです!いいなぁ。
(火山・温泉・峠好き。笑)
美食と芸術と、心と体にいい旅ですね。
沈む畳もちょっとしたスパイス?笑
手がいっぱいの作品、
ホラーっぽくて夏に見るにはぴったりですね。
これは一人の人の手なのかしら?
それともいろんな人の手?
by ヤヨ (2013-08-31 13:30) 

ake_i

霧立ち込める中のドライブでガードレールがないところをよく反対にハンドルを切らずに走行されましたね。
zenjimaruさんの慎重さがうかがわれます。
そして頼りにされておられるでしょう☆

仲居さんのこと。
なんかしみじみしちゃいました。
人生には苦節がつきものですが、その苦労を人に話せる人はもう大丈夫なのかな???要するに、苦節を乗り越えて今があるのかな?と思います。

美味しいお料理を召し上がって畳は少々凹んではいたかもしれませんが、処変えて時間を過ごす旅は贅沢な時間です。
箱根ではこんだらひけませんね。
なので、最近は箱根に足が伸びません。
by ake_i (2013-09-02 09:55) 

zenjimaru

mimimomoさん

こんにちは
イヤイヤ楽しい事ばかりではありませんよ^^
隣の芝生は青く見える・・ようなものじゃないでしょうか?
基本mimimomoさんは山登りやトレキングですから、それはくたびれるでしょう。
当家は車の移動が主ですから、疲れるのは運転手だけです。
風太は当家に来て3階シャンプーしました。短毛ですがブラッシングもやり過ぎて背中の毛の色が変わってきたような?気がします(笑)
by zenjimaru (2013-09-03 17:27) 

zenjimaru

のらんさん

そうですよ~、ポリープ手術後の湯治の為に箱根に行きました^^
どんだけ歳とってんだか(笑)
のらんさんはゴルフで箱根に行かれるとは優雅じゃないですか^^
湯治とはえらい違いですわ(爆)
近場とは言え折角の箱根旅行で霧で何も観えない・・・まったくついていません!これからの人生の先行きを暗示しているようで・・・・(涙)
モネは晩年、睡蓮の絵を連作で数多く描いたようです。
ジヴェルニーの自宅の庭園に睡蓮の池をつくり制作に打ち込んだと言われます。
実際スケッチしていても必ず具象と言う訳じゃなく心象を描いているのも多いと思います。
by zenjimaru (2013-09-03 17:29) 

zenjimaru

ヤヨさん

箱根を大好きなんですか?
名古屋から新幹線ですぐじゃないですか。たまには気晴らしに如何です。
夏休みのせいか箱根湯本など若い男女のグループが多くて驚きました。
食べ物屋やお土産屋が目的の人も多そうです。
ムック本やネットで有名なお店が検索できるので、宮の下のパン屋などいつも満員です。
手のオブジュは展示館の入り口にあって作家名は分かりません。
手にしゃれこうべ、入れ歯、万年筆、携帯、小鳥などを持ったり、グー・チョキ・パー?とか
by zenjimaru (2013-09-03 17:30) 

zenjimaru

ake_iさん

運転は慎重・慎重に・・・早い話、臆病ですね^^
霧のカーブの道路では先がどうなっているか分かりませんので思わず徐行です。
気が付くと後続車がぴったりくっついて、それにも驚きますが(爆)
事故を起こすよりマシでしょう^^
仲居さんは歳格好も似ていて、つい話したくなったのでしょうね^^
あるいは仲居さんと同じような不幸な人生を歩んでいると思ったか(爆)
なかなか深い話で夫婦や家族の運命と言うか縁と言うか不思議さを感じます。それは飼い犬や飼い猫にも当て嵌まりますね^^
箱根で「重いコンダラ」を引ける場所はありますかね?流石にないでしょう(爆)
by zenjimaru (2013-09-03 17:35) 

zenjimaru

niceを下さった皆様

ありがとうございました。
by zenjimaru (2013-09-03 17:36) 

mame

ご無沙汰してます。
箱根で避暑とはいいですね。
ロンドンは今は霧はあんまり出ませんが、昔は空気が悪かったので良く出てたみたいですよ。
それにしてもアラン・ドロンとイタチ同列とは(笑)
風ちゃん喋ってる〜!
うちもシーバは大好きで、すごい催促されちゃいますよ。
シーバファン多いみたい。
by mame (2013-09-03 17:46) 

zenjimaru

mameさん

避暑ではありませんよ!湯治です(爆)
「♪霧のロンドンブリッジに人影も消えて~♪」って有名な歌にあるように
昔から(霧=ロンドン)で霧のないロンドンは考えられない事です。
古過ぎて分からない??そんな事ないでしょう、アラン・ドロンだって
かなり古いですからね(爆)
猫にとってはシーバは鉄板ですね。嫌いな猫は聞いた事がない^^
by zenjimaru (2013-09-05 23:17) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。